子宮頸がん治療回想録とゆるゆるな玄米菜食と日々の暮らし

2020年10月、念願だった中古住宅を手に入れることが出来ました。アラフィフ、シングルのがんサバイバーです。淡々としぶとく生きていく。そんな自分を楽しみながら暮らしていくブログです。

最近のことつらづらと・・・。

■去年12月だったな。

コロナ感染者が職場で出たのは。

当の私もPCR検査を受け陰性だったが1週間の自宅待機になったんだった。

会社名は新聞にも載ったし、ホームページにも載せて感染者が出たことを公表した。

新しいご近所さんと家の前で挨拶しながら立ち話になり「仕事は?」の話になると、こちらも意図して言うわけでもないけれど社名を出すと、もう当然のように

「あぁコロナ出たとこねぇ」って知られている。

会社は感染者が出た事で風評被害が気になるところではあるけれど、来月辺りから生産動向はむしろ上向きで忙しくなる。

景気は、今のところそれほど影響は出ていないようだ。

 

 

■ひさびさのフル勤務 

先々週は自宅療養してから慣らしの為、半休だったが先週からフル勤務稼働。

改めて仕事復帰により、この家での新しい日常生活が始まった。

前は車で45分前後かかった通勤も、今は車で15分くらいになり楽になった。

こないだ契約した畑は、ちょっびっとの遠回りで帰宅途中に寄れる。

 しかし久しぶりのフル勤務、1週間が長く感じた。

今日も、なんだか疲れやすくなってるような気がする。

甲状腺を片方摘出した影響でなければいいけど。

 

 

 ■確定申告

先月のうちに令和2年・確定申告を終わらせといた。

医療費82397円(控除されるまでにはあと少し足りなかった)

還付金47421円

これから住宅ローン減税の対象になる。

年収は低いけれど、それなりに少しは給料の手取り金額増えればいいなぁ。

 

 

 ■今日は国際女性デーらしい。

 婦人科の主治医も、こないだの甲状腺腫瘍の耳鼻咽喉科の主治医も女医さんだ。

それからこないだ入院してた時の担当してくれた看護師さんは男性だった。

今は男性の看護師さんもそれほど珍しくないか。

子宮頸がんのときは、婦人科だからさすがに女性の看護師さんだったけれど。

 

そういえば、少しそれるけれど不動産屋さんが言ってた。

最近シングルの女性で中古物件を購入するケースが多いですよ、って。

今はいろんな生き方の選択肢があって、男女ともに中年のシングルの方達も珍しくない。

ひとりで家を持つって男性は億劫になってしまうけれど、女性は特に暮らしを大事にするからですかねなんてことも言っていた。

 

 

f:id:ren222ren:20210308201113j:plain

洗面台は結局、楽天で購入し業者さんにとりつけてもらった。壁のクロスも水色に。