子宮頸がん治療回想録とゆるゆるな玄米菜食と日々の暮らし

2020年10月、念願だった中古住宅を手に入れることが出来ました。アラフィフ、シングルのがんサバイバーです。淡々としぶとく生きていく。そんな自分を楽しみながら暮らしていくブログです。

ダイエット開始とカツカレー屋ジャイアン

f:id:ren222ren:20210410213209j:plain

カツスパイスカレーで明日からのダイエットに備える。




昨日はリンパ浮腫の治療院の受診日だった。

2018年の7月、子宮頸がんの手術で卵巣と子宮全摘と腹部と下腹部のリンパ節もとった。

医学的にはその手術『リンパ節郭清』って言う。

それで行き場がなくなったリンパ液が滞ってしまい、むくんでしまうことがある。

手術をして半年後だったか、やはり下腹部と左ももの浮腫みを感じてそれ以来、弾性ストッキングを生涯、着用しなければならなくなった。

 

昨日はこのリンパ浮腫の治療院の受診日。

☟☟備忘録として経過記録☟☟

前回2月13日受診より体重は+4㎏。

左ももは前回より+8cmも太くなってしまった。

これにより左右差は左もも+3㎝。

でも先生は

未だ、皮膚がぷよぷよで柔らかいから、体重さえ落とせば早い段階で改善できるって。

リンパ浮腫って体重増加はリスキーなキーポイントだ。

2か月で4キロかっ(-_-;)

肥えた原因は分かってる。

新居に伴い自炊でしっかり夕飯を摂るようになったから。

それから晩酌。

ワイン飲んで、つまみにナッツ、ドライフルーツを。

お米好きでガッツリ、まぁ玄米入りだけれど、ほとんどどんぶり飯だったな。

これからは軽めの夕飯にして、夜も瞑想して、とっとと寝よう。

あっそうだ、これから畑が忙しくなる時期だ。

苗植えたりしなきゃだし。

会社帰りに畑に寄って様子見たりして習慣も変わってくだろう。

 

 

今日は治療院の帰り、ジャイアンによる予定だった。

治療院では、さんざん先生とダイエットについて討論した挙句の果て。

私は自分を裏切りたくはない。

予定は決行した。

 

 

 

f:id:ren222ren:20210410230235j:plain

人気のカツカレーのジャイアン、並んで待った。

 向こうから若い男性二人組が歩いてきたので、先を越されぬよう、急に小走りに順番についた。

 ここのお店、元々はアダルトショップだったらしいんだけれど、その名残の看板を残しカレー屋さんやってるとこがおもしろい。

f:id:ren222ren:20210410231954j:plain

オーナーさんはホントにジャイアンみたいな体格の方で、インド留学経験ありでスパイスカレーも現地で仕込んだみたい。

日替わりのスパイスかつカレー。

今日は三種のあいがけカレーだった。

 

f:id:ren222ren:20210410213140j:plain

S,Mサイズともに1000円。

えびとスナップマヨマサラってえび、ぷりぷりでおいしかった。

他も美味しくいただけた。

カルピスは飲み放題で、『コスパ高い』のは言うまでもない。

f:id:ren222ren:20210410231858j:plain

帰りはこの中へpaypayじゃないpoypoyだ。


今度の治療院の受診日は2か月後。

どのくらい体重と足のサイズを減らせられるだろうか。

乞うご期待だ(;^ω^)

 

スパイスカレー屋、やろうかなぁ。

f:id:ren222ren:20210328191059j:plain

私は雨の日が好きだ。
雨の音を聞いてるのが好き。
今年は雨が少ないように感じる。
そうは言っても、桜の花の見頃の日曜日に降らんでもって思ったけれど、よく考えてみれば会社の通勤途中の川沿いに立派な桜並木が在るではないか。
朝は早いからそんな悠長にしてられないけど、定時の16時に終わって少しばかり歩こうか。
この川沿いの桜並木、今の新居を購入する前、とても気に入り購入を考えていた家のすぐ近くだ。
でも、コロナで志村けんさんが亡くなり、なんだか一抹の不安にかられてしまったのとまだ当時は高い買い物をする覚悟が出来てなくてその家は断念した。
が、今住み始めた家の方が安くて一人住まいにはそれほど無駄な広さではないので結果オーライだった。

    去年もこの桜を見ていた。
ren222ren.hatenablog.com
コロナ禍突入当初のあの頃。
『この家に住んで、来年の桜は、この家から散歩がてら見たいなあ。』
って最後にあるが、購入した家は違えど願いは叶えられた。

#今年、学びたいこと

さてお題の学びたいことだけれど、今年に限ったことではないけれど。

スパイスカレーに目覚めて、まだまだ超ど素人のレベル。
これから勉強すべきことが山ほど有る。
スパイスは漢方薬だ。
その効能も勉強したい。

Facebookのカレー大好きグループに参加してるんだけれど、知らない行ってみたいお店がわんさか出てきて、会社をずる休みする日を狙ったりしてる。
お皿の上の彩りにも目を引く。
こういうセンスも磨きたい。

こないだ人生100年時代って感じの記事書いたけれど、定年したらスパイスカレー屋でもやっちゃおうかな。
西田敏行さんの人生の楽園って番組あるけど晩年に開業してる方って結構多い。
今月31日で49歳になるけれど、定年まで10年以上ある。
そう思うと贅沢なようにも感じる。
夢見るのも無料だし自由だ。
何よりも幸せなことだと思う。
たとえ現実にならなかったとしても勉強したことに無駄はないだろう。
将来の老後を控え、独り身ゆえの不安や心配してる時間のほうが無駄だ。

スパイスカレー屋の妄想をしながら、雨音聞きながら寝れる今夜に感謝する。
明日も明後日もあの川沿いの桜並木を歩けることにも。

お彼岸『後編』

この家は築23年。

前の家主さんが定年後に建て替えた家らしい。

以前は、ご夫婦お二人で住まわれていたが、奥様を10年ほど前に亡くし、それからはおひとりで暮らされていたのだろうか。

しかし、その割には築23年ともなれば、大抵は水回りもリフォームの対象になるがこちらはトイレのみ交換した。

キッチンもお風呂もきれいだったから。

洗面台はこちらの趣向で業者に頼んだものの。

所々のクロスの黄ばみやめくれはあったりしたけれど、ハウスクリーニングはいらないほど綺麗だった。

 ご主人(前の家主さん)は

80代前半で大腸がんだったらしく。

トイレになぜだか蛇口がふたつの洗面台。

人工肛門になりここでストーマ装具を洗っていたらしい。

ご次男さんの奥さんがそう言っていた。

この家主さんからするとお嫁さんにあたる。

去年の12月。

中古物件の購入時に銀行で決済を執り行い、鍵の引き渡しをした時に立ち会ってくれたのだが、それが終わると、裏に叔父(前の家主さんの弟)、叔母が住んでいるので一緒に挨拶に行きましょうと言ってくださった。

何かあったらすぐうちにとんで来てくれて構わないからと言ってくださったこちらの叔母さん。

女一人住まいだと思われてなめられないようにだとか、あっちの道は死角になるから利用しないほうがいいとか言ってくださった叔父さん。

この叔父さん(前の家主さんの弟)も

何らかの癌だそうで抗がん剤を受けたが、副作用が苦しくてもう病院にも行ってないらしい。

私も医者の言うことばかり聞いてるばかりが治療とも言えないし、現に元気な方はたくさんいるし選択の自由ですよねって。

今は、二人に一人ががんになる時代って言うけれど、この辺りご近所は高齢者世帯ばかりだから特にこういった話をよく聞いた。

 

うちの真裏はそのお隣の家が所有している駐車場だ。

元々はなんかの工場って言ってたかなぁ。

それをバブルの頃に買ったって言ってた。

 こちらのご主人も腎臓がんだって言っていたけれど、手術して透析も受けることも無く大難は小難に落ち着いた現在は、毎日おうちのこと、DIYとかやって元気に過ごされてる様子がうかがえる。

こちらのご主人も70代半ばくらい。

奥さんは、そんなご主人に対してあと4、5年生きればいいかなぁなんて言ってたけれど「いやいや、今人生100年時代って言いますから、もっと欲を出してください」って返した私。

は100歳まで生きれる自信はないけれど(笑)。

この家で誰のお世話にもならないで。

もちろんずっと長く心地よく暮らしていくつもり。

 

この家と

ご縁を頂き有難うございます。

お彼岸『前編』

今日はお彼岸。

家の売り主さんの奥さんが「お墓参りに来たものですから」と、挨拶に立ち寄ってくださった。

2週間ほど前だったか。

売り主さんには色々と良くして頂いたので

ご挨拶に行かなければと思ってはいたものの、会社のコロナ騒動やら自分自身の甲状腺腫瘍摘出手術入院でなかなか行けずじまいだった。

それがやっと行けてお礼の品と一緒に伺い、住みやすくて本当に心地よく暮らしていますと伝えた。

今日はその、お返しに来てくださった。

逆に申し訳なかったけれど。

 

家の購入時に浄化槽が傷ついていたらしく交換が必要になった。

あとから知ったのだけれど浄化槽の交換って100数万かかる。

私にその話が来た時にはこちらの負担金は一切無しで、市からの補助金の申請と不足金は売り主さんが負担されると不動産屋から事務的な流れの話があった。

そもそもこの家は破格値。

その上に。

有難かった。

 

 

 この家は前の家主さんのこだわりが詰まってる。

素材が良い箇所がある。

二階も和室なんだけれども書院造りになってたり。

キッチンの石壁だったり。

他にもいろいろ。

f:id:ren222ren:20210320124642j:plain

2階から撮った。中庭があるコの字型設計。洗濯物干し竿もそのまま頂いた。

 造りも、総二階ではなくコの字型。

今まで季節的にまだはっきりとは味わえてなかったけれど、吹き抜ける風は相当心地よいもんだろうと推測していた。

前の家主さんのご次男さん(家の売り主)も「日当たりが良くて風通しが良いのが自慢です」と言っていた。

今日初めて、窓を全開にしてそれを堪能した。

 

 

f:id:ren222ren:20210320125123j:plain

つつぬけの部屋を吹き抜ける風。

 

f:id:ren222ren:20210320125324j:plain

これは桜?



最近のことつらづらと・・・。

■去年12月だったな。

コロナ感染者が職場で出たのは。

当の私もPCR検査を受け陰性だったが1週間の自宅待機になったんだった。

会社名は新聞にも載ったし、ホームページにも載せて感染者が出たことを公表した。

新しいご近所さんと家の前で挨拶しながら立ち話になり「仕事は?」の話になると、こちらも意図して言うわけでもないけれど社名を出すと、もう当然のように

「あぁコロナ出たとこねぇ」って知られている。

会社は感染者が出た事で風評被害が気になるところではあるけれど、来月辺りから生産動向はむしろ上向きで忙しくなる。

景気は、今のところそれほど影響は出ていないようだ。

 

 

■ひさびさのフル勤務 

先々週は自宅療養してから慣らしの為、半休だったが先週からフル勤務稼働。

改めて仕事復帰により、この家での新しい日常生活が始まった。

前は車で45分前後かかった通勤も、今は車で15分くらいになり楽になった。

こないだ契約した畑は、ちょっびっとの遠回りで帰宅途中に寄れる。

 しかし久しぶりのフル勤務、1週間が長く感じた。

今日も、なんだか疲れやすくなってるような気がする。

甲状腺を片方摘出した影響でなければいいけど。

 

 

 ■確定申告

先月のうちに令和2年・確定申告を終わらせといた。

医療費82397円(控除されるまでにはあと少し足りなかった)

還付金47421円

これから住宅ローン減税の対象になる。

年収は低いけれど、それなりに少しは給料の手取り金額増えればいいなぁ。

 

 

 ■今日は国際女性デーらしい。

 婦人科の主治医も、こないだの甲状腺腫瘍の耳鼻咽喉科の主治医も女医さんだ。

それからこないだ入院してた時の担当してくれた看護師さんは男性だった。

今は男性の看護師さんもそれほど珍しくないか。

子宮頸がんのときは、婦人科だからさすがに女性の看護師さんだったけれど。

 

そういえば、少しそれるけれど不動産屋さんが言ってた。

最近シングルの女性で中古物件を購入するケースが多いですよ、って。

今はいろんな生き方の選択肢があって、男女ともに中年のシングルの方達も珍しくない。

ひとりで家を持つって男性は億劫になってしまうけれど、女性は特に暮らしを大事にするからですかねなんてことも言っていた。

 

 

f:id:ren222ren:20210308201113j:plain

洗面台は結局、楽天で購入し業者さんにとりつけてもらった。壁のクロスも水色に。

 

スパイスカレーと畑デビュー

f:id:ren222ren:20210228124244j:plain


 

 

f:id:ren222ren:20210223094705j:plain

◆◆◆◇◇◇◆◆◆

スパイスカレーについて

もう、くどいようだけれど何回も言う。

インド人には癌、認知症が少ないらしい。

それはなぜかというと、カレーに含まれる野菜やターメリック(ウコン)がリスクを低くしているそうだ。

それから、インド人は野菜や豆や果物をたくさん食べている。

ターメリック以外にも、この植物性の食べ物がよい影響を与えている。

 

食生活の改善と言うほどでも無いが、スパイスカレーに行きついた。

市販のカレールーを使わずに スパイスから作るカレーって、思いのほかカンタンだった。

主に印度カリー子さんの著書を参考にした。

①■玉ねぎ目安は10分くらい炒め飴色にして、角切りにしたトマトをぶち込み、つぶしながら炒めてく。

■下記のスパイス3種を小さじ1杯づつ投入。

ターメリック(ウコン)

・クミン(私は苦手なので指示量より少なめにしている)

コリアンダー

印度カリー子さん(日本人)はこの3種類で作ったカレールーをグレイビーと呼んでいる。

冷蔵庫に入れといて1週間の保存ができる。

②↑にベースを加える。

ベースとは、カレーを煮るときに加える水全般のこと。

牛乳やココナッツミルク、生クリーム等。

私はヨーグルトを加え酸味を感じる味が好き。

③そして↑ここから

好みの具材、例えばひき肉を入れて、キーマカレーにしたり。

豚肉をいれたり。

鯖缶カレーにしたり。

そん時にあるもので。

応用が利く。

それから野菜も、そん時にあるものを付け合わせにしたり。

添加物や小麦粉も一切使わないので身体にもいいのは言うまでもない。

コスパもいい。

あと、味が落ち着かない?コクが足りない?と思う時は大抵塩不足だって。

コクやうまみは塩によって引きだされると、印度カリー子さんの本には書いてある。

f:id:ren222ren:20210223094827j:plain

毎回見た目は地味だが、おいしくできてる。

 ◆◆◆◇◇◇◆◆◆

貸し畑の件

自分で野菜を作ってみたい。ってことで。

以前、市役所へ問い合わせに行き、1年契約5000円で近所に出ていたので、改めてそこの貸主さんに連絡してみた。

f:id:ren222ren:20210226183739j:plain

4m×9mの区画と作る予定の野菜リスト

 

 本当は、4月~3月の契約だけれどフライングで、今からでも良いですよと言ってもらえた。

よし、土づくりがんばるぞ、あと栽培方法も勉強しないと。

それから、鍬もいるし。

苗の準備もしないと。

 

 ◆◆◆◇◇◇◆◆◆

 

f:id:ren222ren:20210228131124j:plain

こないだの23日天皇誕生日にエイミーさんのお店へ。

今回、エイミーさんのカレーは『春の薬膳カレー』 をオーダー。

ほうれん草のカレーと春野菜の付け合わせ。

あぁ、私も自作の野菜で、こんなふうに彩り豊かにスパイスカレーを盛ってお皿を飾りたい。

センスが問われるけれど(;^ω^)

 

神棚

f:id:ren222ren:20210221200600j:plain

㊤神様不在の神棚。㊧過去にハンドメイドしたレジンキーホルダーとか。㊨ここはクロスを張り替えた。


以前、立派な神棚が在るって、記事にしたことがあったけれど、私が家主に変わってからまだ家には神様はいない。

いない?というか祀っていない。

前の家主さんも祀ってたらしいけれど

この辺りの人たちも『おいべっさん』と言って、恵比寿様を祀るみたい。

 それから、なんでも回覧板でいくつかのお札が回ってきて、それを買って祀るらしい。

いくつかのお札って何を(どの神様を)選べばいいのか?

そもそも自治会に未だ入っていない。

本格的には2月から住み始めたので、年度始まりの4月から自治会参加にしてもらうようにした。

私の番は、10年後に組長が回ってくるみたい。

この辺りは本当に高齢者ばかりで空き家も多く、学校はすぐ近くにあるけれど子供もいない。

「れんさんち組長が回ってくる頃、もうその頃にはこの辺りの人達みんな死んじゃってるよ」

って、裏の奥さんが言ってた。

それはそれで、ひとり自治会か?

いやいや多分、組を合併するんだろうなあ。

 私は自治会活動というものを経験したことが無い。

お隣のおばあちゃんは回覧板回すだけって、言ってたけれど組長にでもなったらいろんな雑務あるんだろうなぁ。

 

 

話を戻すと、いくつかの神様のうち、地場の神様は組のお付き合いだから、それだけ(お札)買えばいいよってやっぱり裏の奥さんが教えてくれた。

それは、すぐ近くの水天宮さんとちょっと先に行った八幡さんだって。

えっ!おいべっさんは?

おいべっさんのお札も回ってくるんだろうか?

一緒に祀るんだろうか?

そしたら賑やかな神棚になるなぁ。

そのあたりの祀り方もわからない。

また改めて裏の奥さんに聞いてみよう。

 

 

私は大きい病気をして、見えない存在もこの世界にはあると。

すがる想いを抱いて現在まできた。

もし病気になってないそれまでの自分だったら、神棚はリフォームの時に撤去してたかもしれない。

今、これからも信仰は大事にしたい。

f:id:ren222ren:20210221162313j:plain

すぐ近くの水天宮さん。このコは在住猫ちゃんか?やたらに懐こかった。

こないだから、職場復帰したけれど、『また世間に出たぁ』って感じで心が動じる。

例えば、人間関係。

何時も、心は平和でいたいものだけれどなんだか感情に囚われてしまう。

自分の心を知り感情に囚われないで、ただ傍観しそうゆうのを捨てていくってのが理想なんだけれど、うまくいかない。

修行。

 

f:id:ren222ren:20210221213053j:plain

最近購入した本。